FXの通貨ペアはストレート通貨とクロス通貨に分けられる

FX初心者の方は、この取引が何を売買して利益を上げること投資であるかご存知ですか?FXは各国の通貨を売買して利益を上げる投資なのです。つまり取引する通貨を選択するためには、その通貨を発行している国の経済状況や政治について知らなくてはいけません。FXを始めたばかりの方で、この投資は初心者でも気軽に参加することが出来て何も知識が無くてもお金を儲けることが出来る。このようなことを信じて始める方も実は多いのです。確かにFXにはテクニカル分析というものがあり、それによってチャートの動きを予測することが出来ます。テクニカル分析には特別な金融知識はいりません。
しかしFXで長期的に利益を上げる投資家になりたいなら、自分が取引する通貨を発行している国の経済状況は把握しておかなくてはいけません。
通貨ペアはストレート通貨とクロス通貨に分けることが出来ます。ストレート通貨とクロス通貨の違いや特徴を知っておくと便利なのでぜひ覚えていただきたいと思います。


・FX初心者はストレート通貨がおすすめ

ストレート通貨とは米ドルを軸に通貨ペアを選択することを言います。例えば「米ドル/円」、「米ドル/ユーロ」、「米ドル/英ポンド」。これらの通貨ペアはストレート通貨と言います。FX初心者はまずストレート通貨で取引することがおすすめです。なぜストレート通貨がおすすめなのかその理由が分かりますか?その理由は米ドルが世界で一番安定している通貨であるからです。
米ドルは大きく価格価値が上がりませんが、反対に大きく価値が下がることもありません。FXは通貨価格が大きく変動する通貨の方が稼ぐことが出来ることは事実です。つまり米ドルで大きな利益を得るためには、レバレッジで資本金を増やすしか手はありません。FX初心者はまずは利益を上げることよりも、損をしない取引することを心掛けてください。


・クロス通貨とはどのようなものなのか

クロス通貨とはストレート通貨とは逆の通貨ペアとなります。例えば「ユーロ/円」、「ニュージーランドドル/トルコリラ」、「南アフリカランド/英ポンド」などといった通貨ペアの事を言います。
このように米ドルを交換相手としない通貨ペアをクロス通貨と言います。またクロス通貨の中で円が含まれているものを「クロス円」と言います。
クロス通貨は自由な通貨ペアを組み合わせたものなので、自分の投資戦略に合わせて選択することが出来ます。例えばFXでスワップを狙いたい。このような時は高金利国同士でペアを組み合わせると、より多くのスワップを狙うことが出来ます。しかしクロス通貨を選択する時に考えなくてはいけないことは、リスクヘッジです。先ほどの高金利国同士のペアは確かに多くのスワップを狙う事は出来ます。しかし高金利国同士のペアを組むことは、通貨価値が一気に下がる通貨を二つ保有しているということを意味するのです。つまりリスクヘッジを考えなくてはいけないので、FX初心者には少し向いていないのがクロス通貨なのです。